製品情報

直流高電圧プロテクタ

TP30M/TP30G シリーズ
直流高電圧30AFシリーズ

TP30M/TP30G シリーズ
  • 小型/DC高電圧プロテクタ
  • 完全電磁式
  • 小型・省スペース・軽量
  • 豊富な接続回路構成と遮断特性
  • 安全設計/耐電圧4000V
  • RoHS対応品

型名 TP30M TP30G
引外し方式 完全電磁式 トリップフリー機構
極数 1極 2極 2極
定格使用電圧 DC125V DC165V(2線切)
DC143V(2線切)
DC125V(2線切)
標準定格電流(抵抗負荷)
※右記以外の電流値についても承ります。
0.05, 0.1, 0.25, 0.5, 0.75, 1, 1.5, 2, 2.5, 3, 5, 7.5, 10, 15, 20, 25, 30A
定格遮断容量
[t=時定数]
500A[t=0ms] 750A
(at DC165V)[t=0ms]
1000A
(at DC143V)[ t=0ms]
1000A[t=5ms]
開閉寿命 10000回以上(定格開閉6000回、無負荷開閉4000回。開閉頻度6回/分)
補助・警報回路定格
(抵抗負荷)
銀接点:AC50/60Hz 250V 5A, DC30V 5A
金接点:AC50/60Hz 125V 0.1A, DC30V 0.1A
微少負荷(0.1A以下)で使用される場合は[金接点]を推奨致します。
耐電圧
(リーク電流1mA以下)
AC50/60Hz 4000V 1分間
リレーデュアル形のリレーコイル〜主回路間は AC50/60Hz 2000V 1分間
補助・警報回路の接点相互間は AC50/60Hz 600V 1分間
絶縁抵抗 DC500Vメガーにて 100MΩ以上
基準周囲温度 25℃
使用周囲温度 TP30M:-25〜+85℃ (但し、氷結無きこと)
TP30G:-40〜+85℃ (但し、氷結無きこと)
・デュアル形は+75℃まで
こちらの「11.ディレーティングについて」をご覧ください。
許容相対湿度 45〜85%
耐振動 98m/s2(MIL-STD-202F-201A) 定格電流通電時(瞬時定格は定格電流の80%通電時)
耐衝撃 490m/s2(MIL-STD-202F-213B-A) 定格電流通電時(瞬時定格は定格電流の80%通電時)
ハンドル形状 トグル形 外形寸法図参照
ハンドル色 黒 又は 白(非標準品)
ハンドル表示
締付けトルク 取付けネジ(M3):0.4〜0.6N・m 端子ネジ(M4):1.0〜1.2N・m
重量 1極形:約70g 2極形:140g
遮断特性表
参照ページ
こちらのDC欄をご覧ください。
遮断特性カーブ
参照ページ
コイルインピーダンスと抵抗表参照ページ こちらをご覧ください。
極性指定 LINE側端子を+(プラス)に接続  
ご使用上の注意 こちらをご覧ください。
  • ●上記以外の高い電圧についてはお問い合わせ下さい。
内部接続回路
回路形式 回路記号 回路図 特記事項
直列形 1 1 最も一般的な回路構成で、主接点と直列にコイルが接続されています。
スイッチとしても、兼用できます。
TP30Mは、必ず入力電源の+極側をLINE端子に接続して下さい。
直列形補助回路付 2 2 直列形と補助回路との組合せです。
補助回路は主回路に連動します。
主回路がONの時にCOM−NOが導通し、主回路がOFFの時はCOM−NCが導通します。
TP30Mは、必ず入力電源の+極側をLINE端子に接続して下さい。
直列形警報回路付 S2 S2 直列形と警報回路との組合せです。
警報回路はトリップ時にのみ主回路に連動します。
通常はCOM−NOが導通し、トリップ時にのみCOM−NCが導通します。
TP30Mは、必ず入力電源の+極側をLINE端子に接続して下さい。
並列デュアル形 5D 5D 直列形のコイルに並列に電圧引外しコイルを付加したデュアル構造です。
外部スイッチにより電源電圧を電圧引外しコイルに印加して、瞬時に引外しをすることができます。
TP30Mは、必ず入力電源の+極側をLINE端子に接続して下さい。
リレーデュアル形 7D 7D 電流コイルと、絶縁された電圧引外しコイルの両方持った構造です。
外部スイッチにより、外部電圧を電圧引外しコイルに印加して、瞬時に引外しをすることができます。
TP30Mは、必ず入力電源の+極側をLINE端子に接続して下さい。

(注1)補助・警報回路は端子配列が〔LINE-COM-NO-NC-LOAD〕のリバースタイプも製作可能です。注文方法は品名末尾に銀接点は"(R)"、金接点は"(RG)"を付記して下さい。
(注2)リレー形電圧式(7V)との組合せも制作可能ですが、ご要望の場合はお問い合わせ下さい。