製品情報

サーキットプロテクタ

IR/UR/TR IN/UN/TN
ロッカーハンドル25AF シリーズ

IR/UR/TR IN/UN/TN
  • 完全電磁式
  • 小型軽量/ロッカーハンドル操作
  • スナップイン取付け/ネジ止め
  • 安全設計/強化絶縁/耐電圧3000V/IEC60950適合
  • CULUS(UL, CSA), TÜV(EN)規格取得品
  • RoHS対応品

ご使用上の注意
共通注意事項
  • 標準取り付け姿勢サーキットプロテクタは、標準取付け姿勢(右図)でのご使用を推奨いたします。
    カタログに記載されている遮断特性及びイナーシャルディレイ特性は、標準取付け姿勢での値です。
    標準取付け姿勢以外でご使用の場合には、カタログの特性値が生かされません。
    その場合は必ずお問い合わせ下さい。
  • アーク孔と装置のパネルとの間に右表のアークスペースをあけて下さい。
    標準取付け姿勢時、トグルハンドルタイプのアーク孔は上面に、ロッカーハンドルタイプ及びSTP30、TPR30では下面にあります。
  • サーキットプロテクタをMAY TRIP領域で使用することはできません。
    MAY TRIP領域の電流が長時間通電されることが予想される場合は、弊社までご相談下さい。
  • リレー形又はデュアル形の電圧引外しコイルへ断続的に電圧を印加される場合は、 瞬時印加の後、30秒以上間隔 (周囲温度25℃時)をあけ、印加回数は5回以下にして下さい。
  • ハンドルに「ON-OFF」又は「|− ○ 」表示が無いものをご使用の際は、取付けパネルにこのマークを表示して下さい。
  • ハンドルによるON−OFF操作は、ハンドルの動きを途中で止めたりしないでスムーズに行って下さい。
    ON操作時は、ハンドルがON位置に突き当たるまで押して下さい。
    OFF操作時は、ハンドルをOFF方向に押して下さい。ハンドルは素早くOFF方向に戻ります。
  • ハンドルは、軽い力で操作可能です。
    ハンドルに必要以上に強い力を加えますと、製品の破損又は機能障害の原因となりますのでご注意下さい。
  • 過負荷トリップ後ハンドルを再投入する時は、過負荷の原因を取り除いて、ハンドルがOFF側に十分に戻りきっている事を確認した上で行って下さい。もし、短絡遮断した形跡など過度の損傷が認められる場合は、再投入は行わないで下さい。
  • 標高2000m以下でご使用下さい。
  • コンデンサインプット電流波形(50/60Hz)特殊な電流波形について
    右図のようなコンデンサインプット電流においては、
    プロテクタの定格電流値と回路電流値が近過ぎますと、「うなり音」や「不要な遮断」が発生することがあります。
    これは回路電流値(rms)の 2〜3倍の定格電流値の
    プロテクタを使用することにより回避できます。
    その他詳細につきましてはお問い合わせ下さい。
  • 使用周囲温度の上限値と電流ディレーティングについて
    サーキットプロテクタは定常電流が定格電流の80%以下(逓滅率:ディレーティング)でご使用頂くことで、接続する配線ケーブル及び製品の長期信頼性が得られます。当社は、80%以下の逓滅率でのご使用を推奨いたします。また、使用周囲温度と電流の逓滅率につきましては下表をご参照下さい。同表は、主端子に接続する電線の温度定格が105℃の場合の値です。それ以外の場合には、ご相談下さい。

IR/UR/TR/TRMシリーズ
  • IR/UR/TRシリーズ1mm〜3.2mm厚のパネルへの取付けに適応する寸法となっています。
    1mm未満のパネルの場合には、右図のような半打抜き加工又は切り曲げ加工により、取付け部の厚さが上記になるような方法でも取付け可能です。
  • プレス抜きによる穴加工の場合、右図※側が抜きダレ面となる様にして下さい。
  • 定格電流15Aを超えるサーキットプロテクタをご使用の場合は、信頼性の点で、主端子への接続は半田付けを推奨致します。
  • 主端子への半田付けは、60W以下の半田コテ(コテ先温度380℃max)で、端子に力をかけないように、5秒以内で行って下さい。
  • 補助端子について
    • 端子への半田付けは、18W以下の半田コテ(コテ先温度320℃max)で端子に力をかけないように3秒以内で行って下さい。
    • 半田付け後、1分以内は端子部を動かさないようご注意下さい。また、端子にリード線の引張荷重が加わらないようにご注意下さい。(リード線太さ:0.5mm2
    • 端子強度:6N以上(各方向、但し端子の変形は可とする)
  • 半田付けの際、半田及びフラックスがサーキットプロテクタ及び補助回路の内部へ侵入しないようにご注意下さい。
  • 製品をパネルに取り付ける際は、取り付け方向を充分にご確認の上、お取り付けいただくようお願い致します。一旦パネルに挿入した製品をパネルから取り外す際に過大な引っ張り力が加わると破損する場合がありますので、取り扱いには充分ご注意願います。
  • TRMへの配線時は、必ず、入力電源の+(プラス)極側をLINE端子に接続して下さい。LINE端子に−(マイナス)極側を接続いたしますと、サーキットプロテクタの遮断性能及び寿命が著しく低下し、カタログ仕様を満足することはできませんので、ご注意願います。

IN/UN/TN/TNMシリーズ
  • IN/UN/TNシリーズ3.2mmまでのパネル厚さに適応する寸法となっています。
  • 取付けネジの有効範囲は、右図にありますように、パネル表面から2〜4.5mmです。パネルに取付ける場合、ネジの有効範囲とパネル厚さなどの締付け厚をご考慮のうえ、取付けネジ長さをご選定下さい。
  • 感電事故の原因となりますので、右図のネジ(※)の部分に、機器配線の露出した充電部分が接触しない様にご注意願います。
  • 定格電流15Aを超えるサーキットプロテクタをご使用の場合は、信頼性の点で、主端子への接続は半田付けを推奨致します。
  • 主端子への半田付けは、60W以下の半田コテ(コテ先温度380℃max)で、端子に力をかけないように、5秒以内で行って下さい。
  • 補助端子について
    (1)端子への半田付けは、18W以下の半田コテ(コテ先温度320℃max)で端子に力をかけないように3秒以内で行って下さい。
    (2)半田付け後、1分以内は端子部を動かさないようご注意下さい。また、端子にリード線の引張荷重が加わらないようにご注意下さい。(リード線太さ:0.5mm2
    (3)端子強度:6N以上(各方向、但し端子の変形は可とする)
  • 半田付けの際、半田及びフラックスがサーキットプロテクタ及び補助回路の内部へ侵入しないようにご注意下さい。
  • TNMへの配線時は、必ず、入力電源の+(プラス)極側をLINE端子に接続して下さい。LINE端子に−(マイナス)極側を接続いたしますと、サーキットプロテクタの遮断性能及び寿命が著しく低下し、カタログ仕様を満足することはできませんので、ご注意願います。
  • IN/UN/TN/TNM用の防水カバーは、IP54相当です。
    パネル取付け時は、小形-平座金又は皿バネ座金(φ7mm以下)の使用を推奨いたします。

安全上のご注意

取付け作業、操作及び保守点検に際しては、「取扱説明」をよくお読みのうえ、正しくご使用下さい。
この「取扱説明」では、安全上の注意事項のクラスを「危険」、「注意」として区分してあります。

危険
危険
取扱いを誤った場合に、死亡又は重傷を受ける可能性があります。
注意
注意
取扱いを誤った場合に、中程度の障害や軽傷を受ける可能性、及び物的損傷が発生する可能性があります。
なお、注意に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結びつく可能性があります。

危険
危険
取付け・取外し作業、配線作業及び保守・点検は必ず電源を切ってから行って下さい。端子部に触れると感電の恐れがあります。
注意
注意
  • 取付け・取外し作業、配線作業及び保守・点検は専門知識を持つ担当者が行って下さい。
  • 高温・多湿・塵埃・腐食性ガス・振動・衝撃などの異常な環境には使用しないで下さい。火災・誤動作の恐れがあります。
  • ごみ、コンクリート粉、鉄粉などの異物及び液体などがサーキットプロテクタ内部へ入り込まないよう施工して下さい。万一、内部へ入った場合は使用しないで下さい。正常な動作ができない場合があります。
  • 薬品及び溶剤等より影響を受ける場合がありますので、使用にあたってはあらかじめ実用テストを行ってからご使用下さい。
  • 定格電圧・定格電流の範囲内でご使用下さい。定格以外での使用は、短絡・火災・爆発などの恐れがあります。
  • 製品は指定された取付け方法に従って下さい。取付けに不備があると落下などにより、けがの原因となります。
  • 使用電圧・通電電流に適した電線を使用して下さい。配線に不備があると火災の原因となります。
  • 端子への接続は、ファストン端子の場合は確実に差し込まれ、ゆるみが無いこと、ネジ端子の場合は確実に締付けられ、ゆるみが無いことを確認して下さい。取付けに不備がある状態で使用すると異常な温度上昇が生じ、火災の原因になります。スタッド端子は、平ワッシャー,圧着端子,平ワッシャー,ばね座金,ナットの順で締付けて下さい。端子部を浮かせて2個のナットで圧着端子を締付けると端子部の異常な温度上昇の原因となりますので絶対に行わないで下さい。振動・衝撃が加わる特殊な用途の場合で、緩まないように確実に締付けたい場合は、正規の配線・接続方法で取付けた状態からナットを追加して密着させWナットで締付ける方法があります。
  • 製品の部品を外したり、改造は絶対に行わないで下さい。
  • アーク穴はふさがないで下さい。正常な動作ができない場合があります。
  • 開梱時、部品等に損傷や変形を発見した場合は、使用しないで下さい。
  • 次のような用途又は機器にご使用になる場合は、当社営業窓口へのご相談及び納入仕様 の締結をお願いします。
    • 電気用品適合品をご要望の場合。
    • 車載・船舶等、振動や衝撃の加わる用途・機器への使用。
    • 交通システム等社会的・公共的に重大な影響を与える可能性のある用途・機器への使用。これらに準ずる用途・機器への使用。
    • カタログにて、お問い合わせが必要な旨が記された仕様のもの。